クロスロード/ワイン会

そもそもソムリエのソムさん

本当にソムリエ?

 

 

 

 

 

 

 

 

4種のワイン4種の軽食

 

 

 

泡・辛口

 

白・やや甘め

 

赤・ミディアムボディ

 

赤・ミディアムフルボディ

 

 

 

感じてほしいこと

 

どの組み合わせが美味しいか

どの組み合わせが美味しくなかったか

好きなワイン

嫌いなワイン

 

 

🇫🇷・泡

NV

エリセ・ブリュット

ブリー・①

 

 

 

 

 

 

品種

※多分シャルドネかピノ・ノワール/飲んで確認

Chardonnay or Pinot Noir-フランス語

 

白・シャルドネ(冷涼)/Chardonnay

ミネラル感と柑橘系(レモン・ライム)のようなスパッとした

舌を刺す酸を楽しめる

 

黒・ピノ・ノワール(冷涼・皮むき)/Pinot Noir

ミネラル感と丸みのある酸を楽しめる

コクの塊といった印象

りんごや蜂蜜感も感じられる

 

 

 

地域

ブリー(東パリ)/Brie

 

フランス/France

 

製法

ヴァン・ムスー

※シャンパーニュ方式 or シャルマ方式/飲んで確認

 

 

 

 

 

スパークリングワインとは.PDF

 

 

 

●糖度表(辛口が飲みたい・甘口が飲みたい)●

 

※辛口が飲みたいなら BRUTと書いてるものを選べば良い

 

 

 

 

●ラベルの見方●

 

 

 

ELYSEE/作り手名(会社名)

BRUT/辛口

VIN MOUSSEX/フランスのスパークリング

Brie/ブリー(地名)

 

ブリーであることから、

シャルドネ・ピノノワール・ピノムニエ・を使っていることが推測される。

→フランスのワインはラベルに品種を書いていない。

地域・村名を見て味を判断する。

 

 

 

 

 

 

●シャンパンの作り方●

 

転載:http://mathusalem.jp/?mode=f16

 

 

 

 

 

 

シャンパンの魅力.PDF

 

 

 

 

 

泡の熟成期間

辛口表まとめ

 

 

 

 

 

🇺🇸・白

2015

トゥ・ヴァインズ

ゲヴェルツトラミネール

※現在・日本取り扱い無し

 

 

 

 

 

 

 

 

品種

ゲヴェルツトラミネール/Gewürztraminer

=ドイツ語でスパイシーの意味/しかし甘みが強い

 

白・ゲヴェルツトラミネール/Gewürztraminer

ライチのような香りが高く、メロン、

白胡椒、コリアンダーシードのスパイス感楽しめる

全体の印象として、エキゾチックさを感じさせてくれるものが多い

南国の場合、パッションフルーツのような、トロピカルフルーツ感が強くなる

 

地域

ワシントン州(左上)/Washington

 

アメリカ/USA

 

 

 

 

ここの屋敷の写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲヴェルツトラミネールの主要地域(南ドイツ・アルザス)

※先ほど伝えたが、フランスは地域・村によって品種が違う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドイツ・アルザスのワインの味はもっとエキゾチック?

 

 

 

 

 

あたたかい地域

ぶどうは濃厚

 

 

ぶどうが濃厚だと、作られるワインは

甘みと酸味とアルコールが強いワインになる

※クランベリージュースは非常に酸がいっぱい含まれているが、

甘みも強いので酸っぱく感じない

 

 

 

あたたかい地域

ワインはパワフル

赤線のところが主流の音楽(ロック/ラテン/R&B/Soca)のように

印象として、ものすごくパワフルなワインばかりになる。

 

 

 

じゃ、冷涼な地域は?

クラシック/ケルト/フレンチPOP/オペラ

繊細なものが多く排出されている。

 

 

 

あたたかい地域

ワインに注意

 

実は甘みが強いとアルコール感も感じにくくなる。

冷やして飲むとなおさらアルコールがわかりにくくなる。

ワインのアルコール10〜14% 4%=酎ハイの度数

ココナッツを使ったような甘いカクテルには罠がある

甘いカクテルならアルコール感じさせずに最高28%くらいまでいけるかな

デート中の女性注意/デート時の男性上手くどうぞ(バーテンダーと悪巧み)

 

 

🇨🇱・赤

 

2016

アパルタグア・グラン・ヴェラーノ

カベルネソーヴィニョン・③

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

品種

黒・カベルネソーヴィニョン/Cabernet Sauvignon

赤ワインらしいはっきりした渋みがあり、酸味の個性が強く

コクのある重厚なワインになります。

特別に優れたものはバラの香り

 

黒果実(ブラックベリー、イチジク、ローズマリー、プラム)

チョコレート、グリーンペッパー、ブラックペッパー、

ピーマン、草、最後にかすかにミント香

 

地域

セントラル・ヴァレー/ Central Valley

 

チリ/chile

 

 

 

🇨🇱・赤

 

2016

アパルタグア・グラン・ヴェラーノ

メルロー・④

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

品種

黒・メルロー/Merlot

特別に優れたものは黒トリュフの香り

カベルネソーヴィニョンに比べて、渋み、酸味がまろやか。

キメの細かいタンニンとスパイスを楽しめる

 

大ぶりの果実(いちじく、プラム、カシス、ざくろ)、

あずき、スミレ、キノコ、チョコレート

 

地域

セントラル・ヴァレー/ Central Valley

 

チリ/chile

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもワインって何?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

醸造酒って何?

 

 

 

 

 

 

 

ワインの魅力

合わすものは”料理と空間”

時を楽しめる(抜栓後・ヴィンテージワイン)

 

 

 

 

 

 

地球が滅びる前に

 

2050年までにワイン生産量が2/3減少すると予測されている

2050年までにワインの年間生産量360億本→120億本

大気汚染の影響で年間900万個

減っているものがありますそれはなんだと思いますか?

 

 

プロフィール

 

 

 

 

 

E4・第一部終了

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

E7・第二部スタート

 

 

ホンマに出来るの?〜ワイン当て大会〜

 

 

 

 

🇺🇸・白・2014 ベリンジャー・カリフォルニア・シュナンブラン・⑤

 

品種

白・シュナンブラン/Chenin Blanc-フランス語

仏:シュナンブラン=南アフリカ:スティーン

 

全体として情緒がある。趣があるような

濃厚なものが多い。辛口にも甘口にもできる品種

黄色の花の花束の香りがするものや、

蜂蜜レモンといったような印象のもがある。

キンカン、アップルパイ、黄色い花、ミネラル、

 

地域

カリフォルニア/California

 

アメリカ/America

 

 

 

🇫🇷・白・2015  シャトー・ピレ・ブラン・⑥

 

 

品種

白・ソーヴィニョン・ブラン/Sauvignon blanc-フランス語

世界中で栽培されている品種。熱帯ならトロピカルフルーツの印象で楽しめ、

冷涼な地域なら、レモン・ライム・グレープフルーツを感じさせるものになる。

ハーブ香りが強いので、魚介を食べたくさせるような味わいが多い。

※ボルドーのみ、樽の香りをつける。お肉もいける。

 

白・セミヨン/Sémillon-フランス語

熱帯ならトロピカルフルーツの印象で楽しめ、

冷涼な地域なら、レモン・ライム・グレープフルーツを感じさせるものになる。

ソーヴィニョンブランに比べて酸の苦味が薬草ちっく=レモンよりライムの印象。旨味・コクの塊。

南国ならシロップ漬けのフルーツ。コンポートの印象。

 

地域

ボルドー/Bordeaux

 

フランス/France

 

特徴

ソーヴィニョン・ブランのワインに

樽香をつけるのはボルドーワインのみ

 

 

 

🇫🇷・赤・2015 シャトー・ピレ・ルージュ・⑦

※現在・日本取り扱い無し

 

 

品種

メルロー/Merlot-フランス語

カベルネソーヴィニヨン/Cabernet Sauvignon-フランス語

カベルネフラン/Cabernet Franc-フランス語

※⑤と⑥のブレンドと思って飲んでみる

 

地域

ボルドー/Bordeaux

 

フランス/France

 

 

資料・品種別テイスト表

 

黒ぶどう・品種別テイスト

白ぶどう・品種別テイスト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください