1/27

目次

ご挨拶

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ご紹介に預かりました、

世界一周ソムリエの西上です。

よろしくお願いします。

無音で映像は流しておく

 

パチパチ

・まばらな拍手ありがとうございますー

・盛大な拍手ありがとうございますー

・100万発花火が打ち上がると聞いてたのですが気のせいかな?

 

自己紹介

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乾杯の前に、少し自己紹介をさせて頂きます。

僕は世界一周をする前は

8年間飲食店で過ごさせて頂きました。

バーテンダー、バリスタ、ソムリエ、として

レストランサービスを行っておりました。

振り返ってみると指の形が変わるまで

マドラーを回し続ける

脇目も振らない日々が

予想以上のとこに自分を連れてきてくれていました。

 

 

経歴

ーーーーーーーーーーーーーーーー

・銀座/エルメスシャンパンバー/マネージャー

・銀座/22(1ヶ月先まで予約が満席)/ソムリエ兼マネージャー

・銀座/ワイン会主催者/1人・5万円

 

これらの経験は大変誇り高く感じております。

しかし、ここがピークとは全く思っておりません。

達成感はあれども、幸せだなと思ったことありませんでした。

 

世界一周をして初めて幸せの針が動きました

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界一周をして初めて幸せの

メーターの針が動きました。

さんまさんの歌の“生きてるだけで丸儲け”

今なら良くわかる言葉です。

 

世界で何があったのか、

動画や写真を合わせてみなさんお伝えさせて頂きます。

本日は最後までお楽しみいただければと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

今日はみんなで世界一周をしましょう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はみんなで世界一周をしましょう

イメージは、みんなで小船に乗って

世界一周をするイメージです。

 

●フィリピン

フィリピンの大海原で小舟に乗っている時に

嵐に見舞われ海に落ちて死にかける

 

●南アフリカ

南アフリカでナイフで刺さされる。

 

●メキシコ

治安が世界的に最悪な場所メキシコシティで

“アモーレ=愛を感じて”

心があったかかくなったりと

なかなかハードな旅路になると思います。

 

 

 

この会の目的

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『みなさんの人生を彩るアイデアを増したい』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この会は、“世界一周の勧め”が目的ではありません。

僕の経験を踏まえて、世界の事情を踏まえて

みなさんの人生を彩る選択技がさらに

増える会になれば良いなと思っております。

 

 

『今悩みのある方、足枷を感じている方へ』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

“苦悩は前進しようとしている証拠”

私はまだまだ、若輩者ではございますが、

僕と会話をしながらその解決の糸口になればと思っております。

もしくは気分転換になればと思っております。

僕の生き方と外国人の生活を知って頂き、

視野が広がっていく様を感じて頂ければと思います。

 

『悩みのない方へ』

・・・・・・・・・・・・・・

海外への好奇心を

煽って煽って煽って煽って・・・・煽って煽りまくって

今すぐ海外へ行きたい、今すぐ海外の美味しいものを

食べたくなるように仕向けて

次の休みの予定を海外旅行に

変更してもらおうかと思っておりますww

 

 

乾杯の音頭

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてさて、一応私はソムリエです。

もちろん、旅の話しを伝えながらも

ワインについてもお話しさせて頂き、

この食事会に彩りを添えさせいただこうかと思っております。

 

乾杯用でご用意したこのカクテルは

アメリカで出会った造り手と2人で考えた

作り手公認のレシピでございます。

お楽しみ頂ければと思います。

 

空きっ腹では、酔いの回りが速いので

こちらの●●をご用意しております。

先ずはそちらをお召しがり頂きながら

僕のお話を聞いて頂ければと思います。

 

この美食会がどんなものになるのか

予想が全くつきません。

なにせ、初めてのスタイルですし

そして、小型船ですからね笑

 

わかっていることは、他のワイン会に比べると

相当にロマンが詰まった会かと感じております。

 

では、皆さまグラスを手にとっていただけますか?♩

乾杯をさせて頂きます。

 

『今日の旅が成功することを祈って乾杯!!』

 

 

世界一周は予想以上に安い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・航空券が予想以上に安い

・世界一周/交通費・6カ国 7フライト/総合計162390

・世界一周/交通費・10カ国(11都市) 6フライト 5バス/総合計191700

 

 

航空券が予想以上に安い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・イギリス⇆ポーランド 1000

・ブルガリア⇆ギリシャ 1300

・ギリシャ⇆イタリア    2000

 

 

世界一周/交通費・6カ国 7フライト/総合計162390

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

交通費

✈️日本 成田⇆タイ バンコク 11000

✈️バンコク⇆ドイツ リュッセルドルフ 23000

✈️ドイツ リュッセルドルフ⇆ポーランド ヴィドゴシュチュ1318

✈️ポーランド⇆イギリス1500

✈️イギリス ⇆アイスランド レイキャヴィーク 8000

✈️レイキャヴィーク ⇆ トロント 22000

✈️トロント⇆日本 49080

合計115890

 

その他/交通費/往復

35000円(荷物5000×7フライト)

2000円(日本・空港⇆市内)

300円(バンコク・空港⇆市内)

5000円(イギリス・空港⇆ロンドン)

2200円(アイスランド・空港⇆市内)

2000円(トロント・空港⇆ロンドン)

合計46500

 

 

世界一周/交通費・10カ国(11都市) 6フライト 5バス/総合計191700

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

交通費

✈️日本 成田⇆タイ バンコク 11000

✈️バンコク⇆ドイツ リュッセルドルフ 23000

🚌ドイツ リュッセルドルフ⇆オランダ アムステルダム 2000円バス

🚌オランダ⇆ブリュッセル 2000円バス

🚌ブリュッセル⇆パリ 1400円バス

🚌パリ⇆チューリッヒ 3000円バス

🚌チューリッヒ⇆ミュンヘン 1800円バス

✈️ミュンヘン⇆キューバ 13000

✈️キューバ⇆メキシコ 12000

✈️メキシコ⇆フロリダ 12000

✈️フロリダ⇆日本 51000

合計132200

 

その他/交通費/往復

30000円(荷物5000×6フライト)

2000円(日本・空港⇆市内)

300円(タイ・空港⇆市内)

2000円(アムステルダム・市内+風車観光)

1200円(ブリュッセル・市内観光)

3000円(パリ・7日間/放題・市内観光)

3000円(チューリッヒ・3日間/放題・市内観光)

0円(ミュンヘン・市内観光)

3000or2円(ハバナ・空港⇆市内)

3000円(カンクン・空港⇆市内)

12000円(フロリダ・空港⇆市内)

合計59500

 

 

【動画】海外へ行きたくなる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

“僕はどうして世界旅行を選んだのか”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

・ナオトインティライミの情熱大陸

・全部行かれへんやん!~死ぬまでに行きたい絶景シリーズ~

・世界一周は夢物語なんかじゃない

 

 

ナオトインティライミの情熱大陸

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ナオトインティライミの情熱大陸を見ました。

彼は一度、世界一周旅行しました。

そして、そこで得た何かを武器に

トップアーティストの仲間入りをしました。

 

この放送を見て、”俺もしてみたい””彼のように何かを掴みたい”

自分の人生を世界観を変えたいなあ!”と憧れました。

 

 

全部行かれへんやん!~死ぬまでに行きたい絶景シリーズ~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世界地図を部屋に貼りました。(大きさは自分の体と同じくらい)

世界地図を見た時に日本がどれほど小さいか理解しました。

 

指でなぞりながら

「この場所のみで生活をしてるなんてもったいないなあ。」

と、ぼやくことがありました。

(見たことのない場所があるなんてもったいないなあ!)

 

死ぬまでに行きたいシリーズのしほさんの

写真達を見て行きたい場所がどんどん増えて、

結果”普通に生活していたら(日本で働きながら旅行するだけでは)

絶対全部いかれへんやん!”となり”世界一周するか!”と、なりました。

 

 

世界一周は夢物語なんかじゃない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先ほど伝えたとおり、意外と安くいけることと

ネットで調べると世界一周者がたくさんいることが背中を押してくれました。

 

また、いつもお相手していた社長のお客様達が

「以前バックパッカーをしていたよ。」と、おっしゃる人達も結構いました。

 

この話しをきっかけに、決して旅をすることは脱落者じゃない。

決して世界一周をすることは間違いなんかじゃない。

決して不可能なんかじゃない。いつかやるぞ!と、心に決めました。

 

 

何を求めたのか/それは見つかったのか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

・英語を喋れるようになる(多言語含む)

・天才を凌駕したい

・”俺幸せ”って言うてみたい

・人生のルート変更をしたい

・もう日本では楽しめない

 

英語を喋れるようになる(多言語含む)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

常々しゃべるようにならないと明るい先(未来)はないぞと思っておりました。

きっかけは、フランス人・スペイン人が常連になった時

サービスマンの大会で母国語NGの表記を見た時。

 

結果/英語+スペイン語を習得

英語/生活できるくらいの英語習得→さらに勉強中

スペイン語/グアテマラに留学しスペイン語留学をします

→片桐はいりの弟が学校開講・月12万円

→世界で一番話されている言語

→エルブジはスペイン

 

 

天才を凌駕したい

・・・・・・・・・・・・

凡人が天才を凌駕するには”普通”ではダメ。

普通じゃない生き方をすれば見えてくるはず。

じゃあ”普通じゃない”をどう手に入れる?

僕の答えは”世界一周”でした。

 

僕は天才を信じつつも、

天才なんてこの世にいないと思うようにしてます

そんなのを認めてしまったら頑張ることがアホらしくなるからです。

彼らよりもセンスが劣ろうが、その”頑張る”ってことにおいて

絶対負けたらあかんそう言い聞かせています。

 

『天才とは常に独自の努力の方法を

発想しそれを実行し続けられる者』だと考えます。

単純に実力のない人はただの変人。

実績のある人が天才と言われるわけです。

 

天才と言われるソムリエはどんなひとだろう?

知識たっぷりのソムリエ。

教科書どおり完璧にマリアージュしたワインを持ってくるソムリエ。

人それぞれ好みが違うので

1つの料理に対して1つのワインではなく

お客様の嗜好も考えたワインを持ってくるソムリエ。

 

天才のソムリエってこれらの要素全部を持った上で

どうしようもなく、良くわからない何かで

人を惹きつけてしまうようなソムリエだろうな。

 

 

普通通り生きてはダメだな

その良くわからない何のために頑張ろう

“世界一周”=”独自の努力”やってこよう

 

・結果/将来僕を”天才”と言ってくれるでしょう。

 

 

“俺幸せ”って言うてみたい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

死ぬまでに行きたい世界の絶景の執筆者のシホさんは

俺よりも若いのに世界中を飛び回ってます。

 

俺は飲食店で脇目も振らず

バリスタ時代はラテアートを作れるようになり

バーテンダー時代はマドラーを回し続け指の形が変わりながらカクテルを作れるようになり

ソムリエ時代は銀座でマネージャーとなり店を任され、日々満席の店を実現。

銀座で5万円のワイン会も開けるようになり

このころの自分を少しは褒めてええと思ってます。

 

でも、シホさんの方が絶対幸せそうだなと

心から思っていました。

 

僕は彼女より努力していた自負がありました。

(俺の方が絶対に頑張ってる!)

でも、やっぱり彼女のほうが絶対幸せそうだなと

心から思っていました。

 

「頑張るだけじゃダメやな。頑張り方の方法考えらんと」

「全然人生満足できてない」

「彼女が出来てんやから、俺もできるやろう。」

「ちゃっちゃと世界一周してこよう。」

 

・結果/幸せな生き方を見つけてきました

 

 

人生のルート変更をしたい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ソムリエとして勤務している時、

ソムリエの枠から離れた考えができない自分に苛立っていました。

 

もっと自由な時間がほしい。

しかし、飲食店で勤務は心底大好きだが

お店を持てば自由な時間が生み出せない。

何か方法はないかな?

 

1度ソムリエを離れて、

旅中のたくさんの時間の間に思考しよう。

 

 

日本ではもう楽しめない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ここはカナダではありません。奥日光です。」の

キャッチフレーズに誘われて遊びに行きました。

しかし、楽しめませんでした。

(ここがカナダに似てるのかー!)(早くカナダに行ってみてー!!)

 

日々フラストレーションが溜まり、

公園を散歩しても、ディズニーランドへ行ってみても、

何をしてても、海外へ行きたくてしかたがなくなりストレスが限界でした。

 

 

 

“定職を離れることに不安はなかったか”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

地位も名誉も全部なくなる。今まで頑張ってきた努力全てが無駄になる。

でも、向こう側に行きたい、行かないといけない気がする。

そして、旅人になる”自分作り”を行いました。

“心の動きを”そのまま書かせて頂きます。

 

 

心の動きを箇条書き

・・・・・・・・・・・・・・

 

初期・心の動き

「海外いきたいなあ。」

→「海外で生活してみたいなあ。」

→「旅行じゃなくて、海外生活をしないと何も得れないよなあ。」

→やっぱり生活するべきやんなぁ

死ぬまでに行きたい世界の絶景かあ

→すごいめっちゃ綺麗やん

→行きたいところめっちゃあるやん

→”死ぬまでに行きたい”って、普通に生活していたら

絶対全部行かれへんやん

金も足らんで。。

世界一周ぐらいせんと。。。

→世界一周って予算どれくらいや?ネットみてみよ

→え!?100万円?案外安いなあ

→旅したらもっと野生的な魅力があがるんやろか?

危機察知能力のような感覚?。。。

→ホンマおもろそうやなぁ

ホンマにしてみる?

いやいや、気の迷いや、だいぶ気がまいってるだけやで

だいぶ頭狂ってるよ。

→きっと俺ちょっと鬱なんやろなぁ

→とりあえず公園散歩しようか、気まぎれるやろ

→てか、そもそも旅行へ今行くべきじゃないやん

誰が店の面倒みるねん。。。

でも、ずっとあそこにいるつもりなん俺?

→いやいや、今は目の前のことに集中しないと。

→俺はまだまだやで。。。ほらミスした。ちゃんと集中せな。

→俺はまだ日本で何も成し遂げてないやん。。何考えてんねん!

→始めに戻る

 

 

中期・心の動き

世界一周を調べてから、

散歩クセが増える(主に葛西臨海公園)

世界地図を貼って「とりあえずいつか行こう」と気を紛らわした

 

→気の迷いとか言いながら、1年過ごしても全く気持ちがおさまらんなあ

→ポンっ!と、飛び出してええんちゃう?なんとかなるんちゃうん?

→この地図いつまで貼り続けるん?

行きたいとこが山ほど増えて逆に辛いわ

→この仕事が常に残ってるムズムズ感きついわ〜!

しかし貯金の費用が100万じゃたらんよなあ

→。。。飛び出したらなんとかなるんちゃう?

→。。。いやいや、英語も喋られへんし、Visaについてもよくわからんし

→。。。いやいや、金貯めたらええやん!早く貯めよう。。。

 

他店のレストランで食事中

→ 店員「自分ワーキングホリデイビザで来月からフランスへ働きに行きます♪」

(あいつ勝ち組や!)

昔から、勝ち組みのイメージは海外で働いてる人

英語含め、フランス語、スペイン語を話せる人を猛烈にカッコいいと感じる

 

 

世界地図を広げて日本はめっちゃ小さいと感じる

日本はこのコンマイこの範囲だけ

スペイン語圏、フランス語圏、英語圏の人達が作るサイトにはどれほどの情報量があるんだろう

この人達に向けて商売をしてる人たちと

日本人向けだけに商売してるのはどうにももったいないなあ

絶対海外の市場にか何かあるよるなあ

日本のめっちゃ小さいこの範囲でしか生きたことがないなんて損してるなあ

→海外のへ行くとなるとドキドキがとまらないんやろなあ

→海外から帰ってきた人は生き生きしてるよなー

→猛烈に嫉妬と劣等感を感じてるなー(海外から帰ってきた人に対して)

保留

 

 

音楽に出会いました。

「Sigur Rós/シガーロス/アイスランド出身」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Zaz/ザーズ/フランス出身」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本に出会いました

「世界が僕らを待っている」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シホさんの写真に出会いました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後期・心の動き・自分作り

『ここはカナダ。ではありません。奥日光です。』の

キャッチフレーズにつられて来たものの、

もう日本にいても楽しめなくなってきてるな

旅行中なのに、仕事のことと

海外へ行くことばっかり考えてるな

→てか、海外へ行ったとしても、旅じゃなくて、

旅行で行った場合でも旅行中、ずっと仕事と旅のこと考えてそうやな

→海外へ行きたい→海外で生活したい→旅人になりたいと変わってる?

嫌なことがあると

どうせ世界一周いつか行くし気にしないでええや

失敗した時

どうせ世界一周近々行くし気にしないでええや

逃げ道を

どうせ世界一周もう行くし気にしないでええや

 

「ここまま我慢してたら一生海外に行けないぞ」

→この気持ちの高まりは最後のチャンスじゃないかな?

→ここまま逃げ続けたら一生海外に行けないぞ

このまま押さえ込んでたら幸せになれないぞ

→名前の通り生きれよ!(幸志)

このままだとこのモヤモヤが一生続くぞ

飛び出さんと、男やろ!ウジウジすんな!

このまま俺を檻に閉じ込めていたら前へ進めんやろ

このまま夢(ロマン)の無い未来への線路を進まんで良い

世界一周して来て新しい未来へのレールに乗るぞ

 

ホンマに帰って来てからの仕事大丈夫か?

いや世界一周してからの方が

未来への可能性も広がるはずや

先に世界一周してからのほうが

幸せを感じながら生活できるはずや

先に世界一周してからのほうが

絶対仕事に集中出来るなあ

世界一周してからのほうが

心が落ち着くんやろうなあ

→帰って来る時が楽しみになってきたなあ

→そもそも、英語でのレストランサービス出来る

ようならなあかんしな(メートルドテル大会)

→旅をして新しい自分の武器を身につけてこよう

→世界一周をして確固たる自分を作ってこよう

 

レストランでの出来事

→俺よりも能力低そうやのに

ソムリエではない、ブルゴーニュで生活してたやつの方が

ワインと料理の説明の説得力が違うように聞こえるなあ

→世の中にフランス帰りの飲食人なんて腐る程いるなあ

そんな一部になるなんてなんか嫌やなあ

「フランスで働いていました。」より、

「世界で見つけたワインです。」の方が魅力的や

「フランスで働いた経験のある人がいる店。」より

「世界を見てきた人のいる店。」の方が絶対魅力的や

 

「え!?社長さん、元バックパッカーだったの!?」

元バックパッカーめっちゃいるやん。

今社長の人めっちゃいるやん

バックパッカーになるのは間違いではないんや!

バックパッカーになることは脱落者ではないんや!

バックパッカーは社長になるための必要な経験にもなんるんや!

→俺の発想は間違っちゃいないんや!

→俺は間違ってなんか一切なかった!

→やろう!

→世界を回ってやろう!

→世界中に友達を作ったろう!

→世界中の酒を飲んで来たろう!

→世界中の伝統食食べてやろう!

→世界中でウルルン滞在記をしてこよう!

→人生を謳歌してやる!!

 

 

そもそも、なぜソムリエに?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「なんでソムリエになったの?」

理由は“ご縁”と“たまたま”です。僕は元々仕事の出来ない人です。

要領が悪すぎるんです。

ですから、店が変わる度に始めはみんなから嫌われました。

まあ、でも大体その後仲良くなれましたが、、、。

 

店が変わってからの始めの2,3ヶ月は地獄です。

いつも孤独死しそうになります。

でも、「俺の方が絶対心込めてるぞ!」っていって、

その店に順応するように自分作りに励みました。。。

 

さて、飲食業にキッカケは、

大学を卒業するころの僕はオシャレな人と言われたくて

ちやほやされたくて仕方がなかったんです。

そして、「いずれカフェを自分で経営できたらオシャレで優雅やなあ。」

なんて、呑気なアホな考えで入社しました。

大卒なのに、大阪のカフェで正社員として入社したんです。

本当にバカでした。手取り14万円ですからねww

 

大阪のカフェで働いて、「明後日から横浜よろしく!」と

1ヶ月勤務後に突然言わたされて

横浜の赤レンガ倉庫の王仏レストランで

サービスマンをすることになりました。

地獄のような日々の始まりです。

しかし、半年間そこで耐えて、京都、神戸、大阪とたらい回しにされて

最終的に元居たカフェ戻されて、僕はその会社は退職しました。(1年間勤務)

 

退職理由1:プロ意識

【写真】真っ赤に燃やす

王仏レストランでの熱さにあてられて、

ちゃらちゃらしたそのカフェに嫌気がさしたからです。

 

「氷を一つ入れるにもプライドを持て」

⇆「紅茶なんて色ついてたらえんやろ」

 

「お料理が1時間遅れようが、サービスマンは全てを使ってお客様を喜ばすんだ。」

⇆「クレームきたから西上さんお願い♩得意なんでしょ?変わってるねーww」

 

「お取り分けしましょうか?」

⇆「わざわざ仕事増やさんでええやん。やってもらったらええやん!頭悪すぎやろ!」

 

退職理由2:給与/手取り14万円と低かった

【写真】バンビーノ給料袋

 

その後、なんちゃってイタリアンにコネで入社し、

副店長→店長として働くことになりました。(2年勤務)

 

休みの日はリッツカールトンで

派遣アルバイトとして、サービスの向上を測りました。

 

その後、イタリアンのお店が閉店することになり

行きつけのバーボンバーでバーテンダーとして勤務(6ヶ月)

→結果:指の形が変わるほどのめりこみました。

 

横浜時代の同期に人が足りないと言われて

スカイツリーのお店でバリスタをすることになり、

それと同時勤務で青山のオーガニックレストランでも勤務(6ヶ月)

結果:ラテアートにハマり、大会に出たいと猛練習

 

その後、横浜時代の師匠に誘われて

銀座のフレンチレストランで勤務することになりました。(5年間)

結果:ソムリエの資格を取得

結果:マネージャーとして店を任せられる

結果:1ヶ月先まで予約で満席

結果:専属の珈琲焙煎士とオリジナルブレンドを作る(西上専用)

結果:エルメスシャンバーにてマネージャー

結果:ご常連様を集めて1人5万円のワイン会を開く

 

すべては、“たまたま”知って、“たまたま”出会って、“たまたま”抜け出せなくなって

その先々で“自分作り”をして、その場所に”順応”することができた成果がソムリエでした。

そもそも、酒嫌いだし、ワインが一番嫌いでした。

「なんでワイン飲む時、あれやこれや覚えないと美味しくないねん。

なんでそんな強いられなあかんねん!」とか言うてた人ですから。

 

地元は岸和田ですが、

サイゼリア(あくまでイタリアン専門店)へ母と行った時

ワインを頼んだら「あんたそんな変なもん飲みなや!」と言われた覚えがあります。

それほどまでに、かけ離れた世界感にいたのにここにいます。

 

きっかけなんてなんでも良い。

人は何にだってなれることを僕は信じています。

 

 

世界で見つけた自由の考え方

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界を回ってさらに感じましたが

人間はその地その場所で順応できる生き物なんだなあと思いました。

 

“海外の生活やってみたいけどきっと出来ない”

なんて考え方はいらないと思います。

英語ができなくても飛び出したらできました”順応できました” 

 

特に順応を感じた時のエピソードは

スペイン語圏のメキシコ行った時の話です。

 

スペイン/エピソード

・・・・・・・・・・・・・・

僕はスターバックスでアイスコーヒーが頼めませんでした。

英語が伝わらないのです。そして、スペイン語は全くしゃべれないからです。

ですから、本当にアイスコーヒー頼めなかったんです。

30度近い暑さの中カプチーノ出てきました笑

そして、20日間そんな状況で過ごしたものだから

英語が聞けるだけでホッとしました。

 

そして、ハッとしました。

日本語でなく、英語に触れてホッとしてることに。

その時から、英語を理解しやすくなっていることに気づきました。

僕は海外に順応してるんだと感じた瞬間でした。

 

 

“できない”は人から自由を奪う

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

僕は”順応”は”自由”と置き換えることができると思います。

過去の人間たちは自由をお求めて、

未開の地を開拓し移り住んでいきました。

海外生活なんて”できない”と、イメージした時

僕たち人間は”自由”ではなくなるんだと。

 

“できない”は人から自由を奪い

“できる”を信じて”自分作り”をする、

それが”自由”を感じる一つの手段なんだと。

 

旅の最中にこんな“自分の指針”を見つけました。 

 

 

生きていく上で必要なのは”上がる言葉のみ”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

為さねば成らぬ為せば成る

・日本での仕事編〜落ちこぼれの一撃〜

・南アフリカで追い剥ぎ編〜生きてるだけで丸儲け~

・ジャマイカで40万円盗難編〜俺には立派な手足がある〜

・バチ当たるから見ててみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

為さねば成らぬ為せば成る

足枷を感じている人は良く聞いていてほしいテーマです。

このようなテーマは”綺麗事だ”と言う人がいますが、

僕ははっきりとそれは違うと言い切れます。

 

綺麗事でも何でもいいです。

生きていく上で必要な言葉は”自分を奮い立たせてくれる”言葉のみ。

モチベーションが下がる言葉なんて一切必要がない。

“自分の指針”になる言葉だけを持っていれば良い。そう思います。

 

 

日本での仕事編/落ちこぼれの一撃

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先ほど伝えたとおり、僕はだれよりも落ちこぼれでした。

頭のキレ、発想、知識、カリスマ性も含めて何一つ武器がありません。

 

「アメトークのテーマで”中学イケてない芸人”はご存知でしょうか?」

隣で見ていた彼女は大爆笑してましたが

僕はあのエピソードに共感をするばかりでした。

 

仕事方面も一緒。僕は働く店が変わる度に

『頭悪すぎんだよ!センスのカケラもねえよ!やめちまえ!』

『あの人と同じ給料なんて考えられないわ。』と、

みんなから罵声を言われ続ける毎日が毎回始まります。

まあ、本当に要領が悪いからですね。

 

毎日「今に見とけよ!」と吐き捨てながら、

そのフラストレーションをお客様達に思いを込めました。

 

 

型破りだけど死ぬほど真面目

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

落ちこぼれの僕が身を守る方法は”型破りだけど死ぬほど真面目”

こういうキャラクターでしか、身を守る方法が見つかりませんでした。

(超真面目なだけじゃダメでした。”あたまのネジ飛んでるけど凄い”と言わせないないと。)

 

 

 

初期・アルバイトのいるお店

「隣の店と仲良くしておいて、物がない時すぐに借りにいける関係性」

(おみやげ作戦、おにぎり作戦)

「お客様の服が汚れ、その近くの仲良くしてた、ハンドクリーニング屋でその場で綺麗に」

(おみやげ作戦、音楽で意気投合)

「ネオンを体に巻いて、ケーキのサプライズ」

(海から→レストラン内へ。全身軽くやけど。お客様もスタッフも大爆笑。)

※全部少年漫画/少女漫画から着想。そのまま実行しました。

 

 

後期・銀座/社員のみのお店

「気難しいお客様が僕に懐く」

(社長も人間。はしゃぎたいねん。)

「お店の半分以上が西上の顧客」

(他の人にはわからない、目に見えない西上の気遣いの証明)

 

 

アイデアは漫画と本から

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サービス・クレーム対応、料理本、飲料本はもちろんですが

転職用履歴書、官能小説、女性誌、アート、心理学、漫画、

これらの知識も本気で仕事の糧になると信じて取り組み

その繰り返しが心を力を強くしました。自分には特別な武器があると。

 

技術の話

カウンターにてお客様と対面に立っているなら

視線がぶつからないように真正面には立ちません。青山でも実践されている。

 

ミラー話法を取り入れる

 

心と気迫の話

戦場と化したキッチンに

「どうしても、あのお客様を喜ばしたいんです。

お力を貸してくれませんでしょうか。シェフにしかお願いできないです。。

お叱りは後ほど受けます。」

こういう、一言が言えるくらいの気迫が生まれたころには

他スタッフ達は僕のフォローにまわってくれます。

 

その代わりクレームを言っている最中のお客様であろうが

なんだろうが、僕はどんな手段を使ってでも喜ばせます。

それがプロであり、そして、それが僕が唯一出来る仕事だったからです。

これをミスしたら、僕の居場所がなくなるからです。

 

何冊目を読み漁った”クレーム対応の参考文献””心に響く言葉”

この追い込まれた状況で一番効果的な”ひとこと”はなんだ?と。

(こんな状況でもお客様にロマンを感じさせる方法はなんだ?)と。

 

 

お客様が喜んでくれれば俺は満足

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このころの僕のテーマは

「上司から、怒られようが、嫌われようが、俺がどうなろうが、

どうでも良い。お客様が喜んでくれれば俺は満足や。」

そういう”自分作り”を常に意識していました。

 

そして、そんなクレーム対応をちゃんと出来たその夜に、

こんな心の内を上司にしたなら大体可愛がってくれますよね。

“こすい”なんて言われそうですがこれも

女性誌のANANの特集で”男を落とす方法”を見て着想しましたww

 

 

仕事の方法

・・・・・・・・・・・・・・

頭が悪いなら-誰よりも考える時間を長くすれば良い

要領が悪いなら-朝早く来て効率の良いパターンを体に馴染ませれば良い

知恵がほしいなら-朝早く来てみんなの受け持ってる仕事をやってから、教えてもらえば良い。

個性が欲しいなら-みんなが読まない本を呼んでアイデアを増やせばよい。

 

“型破りだけど実直で真面目”そんな奴には、

期待をしてしまうのが世の常のようです。

そんな僕が力をつけた時、周りの人達からの“求心力”は

誰よりも強く手に入れられました。

 

今の師匠が銀座に呼んでくれた時

「僕よりも仕事の出来る奴なんて腐る程いる中、何で俺なんですか?

フレンチもワインも全てが初めてですよ。」

「なんか面白そうだから。死に物狂いの感じがイケると思った。」

「出会って4年ですが、半年間しか一緒に働いていないのに何言うてんすかww」

結果:シェフにカレー食いながら背中を蹴られる劣悪な環境からスタート

 

2年後

「シェフと仕事はもう厳しいです。僕を移動させてください。」

「じゃあ、彼を移動させるから安心しな。」

「この会社で一番腕の良いシェフ移動させたら、、、あんた」

「西上くんがなんとかするでしょ。なんやうまくするでしょ。なんでかうまく。」

 

 

臆病者の一撃(落ちこぼれの一撃))/BUMP OF CHICKEN

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中学、高校、では突然廊下で背負い投げされるわ、

女子達にパチンコで狙われるわ、

デブでは、面白くないわ、人前でしゃべれないわ、

女子と目が会うだけで伏せ目がちで顔真っ赤になる。

気持ち悪いは毎日ですね。

しかし、今一番華やかな場所にいるのが嬉しいですね。

 

人は変われるし、僕を取り巻く環境も変えれるんだと信じてます。

2流は流され、1流は流されず、超1流は環境変える、

超一流になるための”自分作り”

それは、自分が普段しないことを行うこと。

それが魅力になり個性になり世界を変えます。

落ちこぼれの一撃/BUMP OF CHICKENしてみませんか?

 

 

南アフリカで追い剥ぎ編〜生きてるだけで丸儲け~

南アフリカにいった時、追い剥ぎにあいました。

路上歩いててナイフを持った4人の黒人に囲まれ

足を刺さされて、カバンもズタズタにされ、命からがら逃げ延びました。

 

▼その時のフェイブックはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きてるだけで丸儲け

・・・・・・・・・・・・・・・・

その日はウォッカを1本飲んでも寝れませんでした。

正直トラウマものでした。

全く外へ出れない。怖すぎて動けませんでした。

しかし、4日後くらいに

同じ道を歩けるほどに元気を取り戻せました。

さんまさんとビギンの歌にある

「生きてるだけで丸儲け」って言葉が僕を解放してくれました。

 

この歌を聞いた時、手叩いて笑いました。

「そうそう俺生きてるねん!ホンマ良かった!」

「いやー!俺すごいやん、めっちゃついてるやん!生きてんでー♪」って。

南アフリカにまた行きたいと思うほど完全に復活してます

 

結局、こういう力をくれる言葉は、哲学本よりも

大好きな音楽や漫画の力を与えてくれますね。

 

 

ジャマイカで40万円盗難編〜俺には立派な手足がある〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジャマイカ滞在中に40万円をホステルで盗られました。

警察へ届けようとしても、お金をよこせと言われ、

さらに金品を取られそうになりました。

思考は停止して歩くこともできないほど落ち込みました。

その場のコンクリートで寝転びたいのですが、

命の保証がないので盗みのあった信用できない

ホステルに戻りベッドでうずくまりました。

 

イギリスまでの航空券はすでに購入済みだが、

その先の生活がイメージできない危機的状況でした。

そんな時に不意に思い出したのがある漫画の言葉。

 

義足と義手の主人公が、五体満足の女の子に伝えた言葉です。

その彼女が信仰していた宗教の教祖様が死に

その宗教は解体された時、彼女は主人公に向かって

「私はこれから何にすがって生きていけば良いの?」と言います。

 

鋼で出来た腕と足を少し動かし、生々しい機械音を立てながら

主人公の彼はこう彼女に言いはなちます。

「そんなの知るかよ。自分で考えろ。」

「立って歩け前に進め。お前には立派な足があるじゃないか。」と

言い放したシーンを思い出しました。

 

『ああ俺、手も足もあるわー』

(俺もうちょい頑張れるわ)(もうちょっと頑張れるわ)(俺はやれるよ)

(やってやるよ)(ピンチはチャンス)(日本で追い込まれた時、俺はどうやって乗りこえた?)

(崖っぷちん時、俺何考えてたっけ?)(ピンチは自分の進化が問われるチャンス)

「俺ならどう乗り切る?」と無理やりちょっと微笑んで

“心を込めるってなんや?”“俺が今心を込めれるもんってなんや?”

“今の俺ができる最大のベストの判断はなんや?”

っと言ってイギリスへ飛びイギリス到着の翌日から

路上で筆ペンを使って文字(カリグラフィ)を書き毎日7000円を稼ぐ生活を始めました。

 

 

 

「バチ当たるから見ててみ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

良く聞くフレーズですが、

『盗みをするような奴らは絶対バチ当たるから。見ててみ。』

子供のころ、もしくは子供にみなさん良く聞かされたり、

伝えたりしているんじゃないでしょうか?

 

しかし、おいはぎに会った僕に、

この言葉を本気で投げかける奴が電話越しにいました。

目の前にいたら、八つ当たりでしばいてると思います。

 

こんな言葉、生きる上でなんの足しにもなりません。

子供を制御する言葉であって、大人の僕たちには全く必要ありません。

南アフリカとジャマイカで僕の金品を盗んだ人は、

明日死ぬかもしれん家族のために盗んだ可能性が高いですしね。

 

正直、ドラマや映画なら彼らの方が主人公です。

僕は単純にあいつらの生きる力に負けただけです。

『盗みをするような奴らは絶対にバチ当たるから。見ててみ。』

この定型文はいったい誰に向けて言ったら良いんでしょうかね?

彼らに?それとも僕に?世界は矛盾だらけやと世界を回ってさらに思いました。

 

だから、こんな世の中だから、自分の生き方の指針になる

言葉が必要だと考えます。「俺は1日だって間違っていない。今にみてろよ」」と

言えるような、そんな“力の湧く言葉”のみが必要なんだと。

文字にすると明確に力を与えてくれます。

 

 

為さねば成らぬ為せば成る-この人生で証明する-

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕はこれから、思いつく限りの全てのことをしようと思ってます。

そのうちの1つですが、僕はこれから世界中でワイン会を開く予定です。

お店を持つだけがゴールじゃない。

ソムリエの新しいビジネスモデルを僕が初めて作る予定です。

 

「成さねばならぬ成せばなる 落ちこぼれの僕がそれを証明します」

「凡人が何者かになる それが1番人をドキドキさせますから」

 

皆様の中に足枷を感じている人がいるなら、

自分を信じてみてほしいです。

自分の潜在能力を心底信じてみてほしいです

 

あなただけの格言を集めそれに沿って、

“自分作り”をして天才を凌駕するような、

何者かになってみませんか?

 

 

 

“旅行に行く前と後で生き方が変わりました”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

いつ死んでも”まっ良いっか♩”

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

世界一周をやりきったので、人生の半分満足しました。

なので、いつ死んでも”まあ良いか”と思えてる自分がいます。

だから、どんなことにも捨て身で取り組めます。

日本社会の道を外れようが、怖いものなんて何もありません。

これは僕の強さになっていると自負してます

 

 

世界中の楽しいことを貪りたい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

“旅は死ぬほど楽しかった!”と、本気で思ってます。

だから、その楽しい味を知ってしまった以上

“もっともっと生きて楽しみたい!”といった心持ちです。

そのために、どんな苦渋を舐めようが、いくらでも頑張れます。

 

 

僕は生み出す側にいたい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とんでもない子と出会いました。

フィジーの村で村人となって生活。おやつは落ちてるヤシの実。

アラスカで自給自足中にクマに襲われる。

素晴らしく魅力的だし、自分もしたいと思いました。

しかし、僕は一生その生活は無理です。

彼は”お金を感じない生活”をテーマにしています。

その生き方は現代では何も守れないし、生み出せない。

 

僕は生み出す側にいたい。

革新、斬新、複雑なものと複雑なものが合わさった時が成功したときに

心がドキドキするからです。

人の物差しで自分のことが良く理解できました。

 

しかし、それでも彼の生き方はロマンで満ち溢れていて

男心をくすぐります。魅力的でした。

 

 

心で決める

・・・・・・・・・・・・・・・

【どっちが楽しいかで決めなさい】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「”どっちが正しいか”なんて考えちゃダメよ。日が暮れちゃうわ。

頭で考えなきゃいいのよ。あなたのことならあなたの胸が知ってるもんよ.

“どっちが楽しいか”で決めなさい。」 

 

人に少し嫌われようが、

心のままに生きてる人が1番幸せだなと思います。

仕事中突然「ああーーーーっ!梅干し食べたい!梅干し買ってきます!!」

仕事中突然「ダメだ!温泉行こう!決まりっ!すみません、今週の飲み会パスでお願います!」

心の声を具体的にキャッチできるアンテナがすごい発達してるんやなと思います。

 

南アフリカに行きたくて仕方がない時に、

効率が良いからとドイツ→アフリカではなく、

ドイツ→ベルギー→オランダ・・・と、行くことにしました。

正直全力で楽しめなかった。

心はもうアフリカに行きたがっているから。

 

旅中、何度も”ついでだから行こう”と

予定にない観光を繰り返してようやくこの不具合に気づきました。

そういう流れで行っても楽しくないんですね。

効率は良いし、お金も節約できてますが、

お金も時間も無駄に感じました。

日本で世界一周をしたがっているのに行かないあの時と一緒。

 

不効率でも良いので、心がしたいと言っているなら

その通りに行動した方が結局満足する。

 

さて、日本にいる時、「やりたいことがあるが、する時間がない。」これが口癖でした。

しかし、今は職を変えてでも全部しようと思いました。

”全部するねん”そう思えたら心が楽になりました。

 

 

世界が僕を見つけてくれる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

”頑張っていたら誰かがいつか見つけてくれる”って言うが

案外、誰も見てくれてなくてふさぎ込むことの方が多いと思います。

ですが、こう置き換えると力が湧きます。

“世界が僕を見つけてくれる”

 

今日の会があるのも彼女が僕を見つけてくれたからです。

これが海外で行っていたのなら、もっと実感はあったと思います。

 

誰よりも頑張っている自負があることがあるなら

少しで良いので、その頑張りをソーシャルネットワーク等で配信してみて下さい。

必ず世界があなたを見つけてくれるはずですから。

 

僕がこれから行おうとしていることは

ネットでちらっと見ただけではただの変人です。

しかし、”世界が俺を見つけてくれる”と信じています。

 

 

心で決めた僕のやりたいことリスト

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・国際ライセンス取得予定一覧

タイ政府公認古式マッサージ

インドネシア政府公認オイルマッサージ

イギリス政府公認医療マッサージ(CIBTAC)

インド政府公認ヨガインストラクター

イギリス/WSETソムリエ資格取得

イギリス/UK Tea Academy(お茶の資格)

 

・現地で習い事

スペイン語、フランス語、

中国茶、ハーブティー、インド/スパイス、トルコ料理、

テコンドー、カポエラ、カンフー、合気道、

 

 

・ブランド立ち上げ

 

A.A

Group

 

Artisan(=職人/フランス語)   Artesano(=職人/スペイン語)

 

『職人&職人が生み出す新しい世界』

職人達が捧げ続けた膨大な時間

各々の持つ独自の感性を融合させた時

新たな世界観が生み出される

 

ショコラティエ+ソムリエ

シェフ+ソムリエ

プリンスエドワード+ソムリエ+エステ

バリスタ+ソムリエ+エステ 

エコビレッジ建設+エステ

etc

 

 

 

●ショコラとワインのみのお店/ソムリエ+ショコラティエ●

この2つの作品を合わせたショコラを主体に

ワインとショコラのみを楽しむお店。

 

“ココナッツの燻製ケーキ ライチ 薔薇ソルベ カカオクランチ”

 

“エルメス展覧会”

 

 

●世界中で美食会/ソムリエ+シェフ●

スペイン語・英語・日本語/4季節に合わせてしたい。

 

『世界はこの一皿に』

“旅の心を感じる”をテーマに、西上プロデュースの美食会を不定期に行いたい。

様々なシェフと組み、新しい世界感を演出できればと思っております。

 

 

 

●PEIで青空レストラン/PEI+ソムリエ+エステ ●

写真は赤毛のアンの舞台プリンスエドワードアイランド友人宅

野外では法律によりお酒禁止だが、自分の庭ならOK。

日本人でツアーを組み青空レストランを行いたい。

青空エステもしてみたい♩

 

【動画】プリンスエドワードアイランド

 

 

 

●エステ/バリスタ+ソムリエ+エステ●

 

自分へのご褒美

「素敵な休み時間」を作りませんか?

ソムリエがブレンドしたオイルをあしらって香りと共にお楽しみ頂きます。

4カ国から認めて頂いた技術で『至福のとき』を演出させて頂きます。

 

ホッと一息

焙煎士と作りあげた、私だけが取り扱えるオリジナル豆がございます。

良ければ、施術後にハンドドリップコーヒーをお淹れしますので、“ホッと一息”いかがでしょうか?

(珈琲がダメな方には、僕がブレンドしたハーブティーご用意しております。)

 

 

 

●エコヴィレッジ・エコハウス設立●

〜日本人の僕ができる地球へのアプローチ〜

 

地図上から1つの国が消滅します。海水の上昇によるものです。

現在、気候変動の影響で世界中で万を越す人々が死害・被害を受けています。

ちなみに、マイアミは60兆円の工事を行い60年海に沈まない工事を行いました。

 

日本人の私が出来る、幾重もある環境へのアプローチの方法から

選んだ手法はエコホステル、エコヴィレッジを設営すること。

 

ねらいは、旅行時に等にこの場所を利用して頂き、

実際に不便を感じさせないエコ生活を体験して頂くためです。

 

最終目的は、老後も若い世代も膨大な人口が

社会的地位を落とさずに“エコ・スローライフ”を行える

社会のシステムの変化

 

そのために、“エコ・スローライフ”を全国民が讃える

世論の流れを生み出す”きっかけ”となるのが、

このエコビレッジ+ハウスとなればと願っております。

 

 

 

先進国で環境の技術も思想も断トツで、

遅れをとっているのは実は日本です。

 

たまたま、日本人に生まれ、たまたま、旅人になって

世界を見てきた私だからこそ、生まれた考え方だと思います。

ですから、”使命だ”と思って全てに心を込める所存です。

 

このマークはいずれ、“エコ・スローライフ”のマークでもある

何年後かに擦り変わる予定です 。

今はまだ力不足の為、何もできないですが、

いくつもある方法から選んだ、将来私が行う地球へのアプローチ。

どうか、少しでも心に変化がございましたら、

応援よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

旅に出て気づいたことは何か

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本人がどれほど優れた民族なのか良くわかった

 

・立つ鳥後を濁さず

(椅子をなおす。洗い物を片付ける。部屋をちょっと綺麗にする。時間を守る。)

 

・サンフランシスコのスターバックス

・ホステルで出会ったテイラースイフト似の美人と生卵

・イギリスの大学の掃除の人の話

・”海外の時間を守らない習慣/感覚がええ”と言う日本人に嫌気が差す話

 

 

 

日本の注目度

ミシュラン星付き店

ニューヨーク 76店

パリ 94店

東京 226店

世界無形文化遺産になった和食を守っていきたい。

 

 

 

みなさんに行って欲しい場所

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プリンスエドワードアイランド

ホースシューベンド

チェコ

サンフランシスコ

フランス

南アフリカ

エジプト

【動画鑑賞・ZAZ・シガーロス】

 

 

 

僕の心を揺るがした言葉と音楽

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生きるために必要なのは自分を奮い立たせる言葉のみ

為さねばならぬ為せば成る 落ちこぼれの俺が証明する 〜あの頃の俺に夢見させるねん〜

世界が俺を見つけてくれる

凡人が何者かになる それが1番人をドキドキさせる

Dreams come true / Zeebra 1分1秒信じよう掴まなければただの蜃気楼

Zeebra/上杉謙信  為さねばならぬ成せばなる 綺麗事だとか言うな マジでうるせぇ 俺の人生で証明するぜ

BUMP OF CHICKEN 落ちこぼれの1撃

Eminem 思い描けば何にだってなれる

 

落ち込み中

その時の自分が出来たベストだった

Kokia 人間ってそんなもんね-自殺を引き止めた

 

窮地に追い込まれた時

心を込めるってなんだ?

自分の進化が問われる時(以前の俺では解決できなかったこの現状どう乗り切ってやる?)

鋼の錬金術師 立って歩け お前には立派な手足がついているじゃないか

 

キャプテン翼 男だろ

プラネテス

 

選択時

心で決める(どちらが正しいかではなく、どちらが楽しいかで決める)

俺の正義はなんだ?

 

 

正義って何?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イスラエルでパレスチナ人が

撃たれている現場を目撃しました。

 

実話/友人が誤って人を殺した

1警察へ行くのを手助け

2逃亡を手助け

(チリへの逃亡を手助けをする)

(法を犯してもチリは捌けない)

 

 

貯金を渡し『俺も後で必ず行く!逃げろ!』

みなさんの正義はどっち??

 

1ニュースならOK

ドラマなら悪人?

2ドラマならOK

ニュースなら?

西上の選択

俺は逃亡の手伝いをする

それが俺の正義だから

でも、家庭があったら

1になると思う。

金とアイデアだけ渡すと思う。

 

 

まとめ

・・・・・・・・・・・・・・・

心がやりたいと言ってるなら、思いつく限り全てを行ってほしいです。

そう生きようと考えた瞬間から 僕は自由になれました。

 

僕の経歴の後ろに、みなさまの経歴の後ろに、

わき目も振らない日々があったと思います。

それは誰よりも自分で自分を褒めるべき出来事だと思います。

 

しかし、僕は海外旅をする自分へのアプローチで

初めて幸せの針を動かせました。

達成感とは似て異なる幸福感を得ました。

 

みなさまは自分に対してどうアプローチしますか?

その一つの手段として、海外旅行があります。

これほど海外旅行をしない 先進国の民族は日本人だけだと

外国人も含めて思っています。

世界の人達は私達の予想のはるかに

別の国へ旅をして 幸せを感じている人達がいました。

 

子供がいる方は身動きが取れず、

僕のような自由度の高い考え方は厳しいと感じる人もいるかと思います。

それでも、もし何かをしたいと思うことがあるなら、

子供巻き込んででも実現してほしいと願います。

 

その内容がどういったものかはわかりませんが

実現すれば子供が1番ドキドキさせる出来事になるかもしれません。

 

 

この世界が認める勤労大国の日本

世界で一番働き、世界で一番人間関係が繊細で複雑な

特殊な環境下で働く日本人こそが、

特殊な方法でストレスを発散するべきだと思います。

そして、世界で一番勤勉で生真面目な日本人こそが

1番に幸せと自由を感じて過ごすべきはずだと感じております。

 

”頑張れば報われる”はちゃんと

心で決めたレールに乗って動かないと幸せにはなれない。

ですから、心で決めたものに向かって自分作りをして

“何者か”になって人を1番にドキドキさせてほしいと願います。

 

合言葉を言って”自分の人生で証明する”です。

以上です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください